• TOP

  • 基本のケア

  • 手肌の肌悩み

  • 汗蒸れの肌悩み

  • 頭皮の肌悩み

  • 赤ちゃんの肌悩み

商品カテゴリーから探す

  • 洗顔・全身ソープ
  • 化粧水・ローション
  • ジェル
  • ミルク・クリーム
  • 入浴剤・パウダー
  • UV・メイク
  • サプリメント
  • トライアルセット
  • レスキューセット
  • 定期便
  • アウトレットコーナー

肌悩みから探す

  • 基本のケア
  • 手肌
  • 汗蒸れ
  • 頭皮
  • 赤ちゃん

価格から探す

2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
定休日
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
定休日
  • お問い合わせ0120-660-906
  • メールでのお問い合せはこちら

ダメージがある肌は保湿効果を優先したケアをすると、クリーム特有の成分が刺激になる場合があります。

クリームに配合される乳化剤や油性成分の中には、かゆみを誘発してしまうものがあり、かゆくならない保湿剤がなかなか見つからず困っている方が多いのが現状です。

皮脂膜を透過しやすい脂溶性成分は、塗布後短時間でカユミを感じる知覚神経を刺激してピリピリ、チクチクといった刺激感やカユミの原因となりやすい特徴があります。

その上、繰り返すダメージが原因でバリア機能が低下した肌は、本来であれば表皮よりも下にあるはずのかゆみを 感じる神経が角層 のすぐ下まで伸びていて、かゆみが誘発されやすい状態です。

「しっかり保湿をしてもガサガサが続く」「塗っても塗っても乾燥する」といいう肌悩みの原因は、乾燥ではなく角層に潜むダメージが原因の可能性があります。

  • 保湿の前にパウダーをやさしく擦り込みます。クリームを塗った後にかゆくなってしまう場合には、クリームの後にもお使いください。パウダーの粉っぽさが気になる場合は、しっかり擦り込んだ後は、拭き取っても効果は持続します。

  • 4つの効果**をバランスよく配合したジェルベースの保湿クリームです。軽い肌悩みならこれだけでケアをすることが可能です。ベタツキを残さず、クリームが苦手な方にもおすすめです。

  • 浸透性を抑えたクリームが肌表面にとどまって密着。 必要な効果をピンポイントに発揮して、集中的にケアします。パックリ割れには、気になる部分にクリームを埋めるようにお使いください。

  • 汗や蒸れが苦手な状態や乾燥が原因ではないムズムズには 「お肌やわらかクリーム集中ケア」を「コンディショニングジェル」にきりかえます。「お肌やわらかクリーム集中ケア」の前に併用する方法もおすすめです。

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法 |

Copyright(c) KIKOHEAD Co.,Ltd. All Rights Reserved.